電気針脱毛とは

レーザー脱毛が登場する前、永久脱毛といえばこの電気針脱毛だったのですが、かつては皮膚をやけどさせてしまうなどの問題も続発していた脱毛方法でした。しかし、最近では絶縁針が開発され皮膚には電流を流さないように安全性が高まったことで、安全に確実に脱毛ができる方法として再注目されている脱毛方法です。

電気針脱毛は、絶縁針を使用し毛穴の1本1本に電気針を差し込むようにして脱毛します。毛根弱い電気を流すことで組織を破壊し、それによって永久的に脱毛をする効果が得られるのです。電気針脱毛の特徴は、毛周期や肌の状態などの影響を受けずに脱毛ができるところにあり、レーザー脱毛のように毛周期に合わせて何度も施術を繰り返すという必要がありません。

レーザー脱毛の場合には日焼けをしている肌の人や、色素沈着によって肌が黒ずんでいる箇所には火傷を防止するために施術を行えない場合もありますが、電気針脱毛の場合にはレーザーでの施術ができなかった人でも施術を受けることができます。レーザー脱毛では効果を出しずらい細い毛の人、白髪の人などでも確実に脱毛することができ、レーザーの弱点を補うことができる脱毛方法が電気針脱毛といってもいいでしょう。

しかし、肌に針を差し込む脱毛方ということでどうしても痛みがあるのが電気針脱毛のデメリットといえます。レーザーでも痛みがないわけではありませんが、レーザー以上に痛みは強い方法ということになります。また、毛を一本一本処理していくことから、かなりの時間がかかる方法でもあります。

生えている毛については電気針脱毛を行えば確実に処理できますので、確実に処理をしたい場所や狭い場所でレーザーの照射ができないところなどには電気針での脱毛が効果的ですが、電気針脱毛はレーザー脱毛よりも手間がかかるために費用も高額になる場合が多く、広い範囲を全て電気針で脱毛する場合には費用、時間、痛みなどの負担が大きくなります。

そのため、レーザー脱毛と電気針脱毛を組み合わせて脱毛をしているという人いように思います。

メリット、デメリットなどを比較し、どの方法で脱毛をするのか、また組み合わせるのかなどの参考にしていただければと思います。

  • 「エステサロンなび!なりたい自分に生まれ変わろう」はあなたに合うエステサロンを探す事ができます。
  • サイトマップ