レーザー脱毛とは

脱毛には色々な方法がありますが、その中の一つがレーザーを用いた脱毛です。レーザーにはエステサロンでも使用できる美容機器としてのレーザーと、使用には医師免許が必要で医療機関でしか使用できない医療用レーザーがあります。用いている原理は基本的には同じなのですが、レーザーの出力の違いがあり、エステサロンでは医療用のように出力の強いレーザーは使うことができないという違いがあります。

このレーザー脱毛という方法が、どのようにして脱毛をしているかというと、レーザーが黒、または茶色に吸収されるという特徴を活かして脱毛を行っています。黒や茶色に吸収される波長のレーザーを照射すると、毛根組織にレーザーが吸収されてダメージを与えて毛根を破壊します。このダメージは毛周期の影響を受けるため全ての毛に対して効果が得られるわけではなく、毛周期の中でも成長期にある毛にレーザを照射した時に永久的に脱毛をする効果がえられます。

そのため、一度のレーザーの照射で完全に脱毛をすることはできず、毛周期に合わせて繰り返しレーザーを照射することでだんだんと毛量を減らしていき、最終的には完全に脱毛をすることができるという方法です。

一度レーザーを照射すれば、生えていた毛は全て抜け落ちますが、その中で永久脱毛の効果が得られるのは成長期にある一部の毛だけですので、その他の毛はまたすぐに生えてきます。そのため、はじめのうちには脱毛効果は実感しづらいのですが、個人の毛周期によって2ヶ月から3ヶ月に一回のペースで6回から10回ほど照射していけば、多くの人で脱毛効果を実感することができることと思います。完全に脱毛されるまでには個人差もありますが、何度も照射を繰り返す必要があり、長期間時間がかかる方法でもあります。

痛みはないということはありませんが、強い痛みがあるわけではなく一度に広範囲を処理できることから施術事態にはそれほど時間がかからず手軽に行えるのはレーザー脱毛のメリットです。しかし、肌の色と毛の色の差を利用して脱毛する方法であるため、日焼けした肌や色素沈着を起こしている部分には効果を十分に発揮でいないこともありますので、カウンセリングの段階を肌の状態などをチェックしてもらってから施術を受けるようにするといいでしょう。

  • 「エステサロンなび!なりたい自分に生まれ変わろう」はあなたに合うエステサロンを探す事ができます。
  • サイトマップ